イスラエルというとどういうイメージを持つでしょうか?”ユダヤ人の国家”とか、”アラブの中で戦争をよくやっている国”というイメージが強いのではないかと思います。

しかしイスラエルは、知る人ぞ知る技術立国になっており、実はイスラエルで生まれた技術、商品で有名なものがたくさんあります。ここでは、こういった意外と知られていないイスラエルで生まれた代表的な技術、商品を5つ紹介したいと思います。

1.パソコンの中に使われているマイクロプロセッサーで有名なインテルの主な開発はイスラエル

いまだにインテルといえば、パソコンで使われているマイクロプロセッサーのトップ企業です。それもそのはず、マイクロプロセッサーを初めて開発、製造した会社がインテルで、もう約50年の企業になります。
そのインテルの歴史の中で、約40年前の8080というプロセッサ、約30年前の80386というプロセッサ、そして約10年前のCerelonなどはインテルの中のイスラエルの開発センターで作られたものなのです。

2.VoIPの技術

最近のWeb会議や、SNSを用いた無料電話、さらには携帯電話の通話にも使われているVoIPというデータ通信におけるパケットというデータの中に音声データを入れて通話や会議を行われるという技術の原型はイスラエルの会社、ヴォーカルテックコミュニケーションという会社で1995年に開発されました。

3.ファイル圧縮アルゴリズム

ファイルを圧縮するアルゴリズムとしてZipが有名ですが、このZipの開発を行ったのがイスラエルの大学テクニオン大学でした。

4.USBメモリー

M-Systems社で開発されました。それまではフロッピーディスクや光ディスクが持ち運べるメモリとして使われていましたが、USBメモリーの登場により、今までのメモリと比べて小型であり、メモリ読み書きのためのモーターなどを使った駆動装置も不要となり、爆発的に普及しました。M-Systems社は2006年にアメリカのサンディスク社に買収されました。

5.ナビゲーションアプリ

Wazeという会社が開発した渋滞などがあったときに適切な経路をナビゲートしてくれるアプリであり、Googleがこの会社を買収しました。今後の自動運転の普及において、このWazeの技術が使われていくでしょう。
以上5つ紹介しましたが、イスラエルには今の沢山のベンチャー企業が、沢山のユニークな技術開発を沢山行っており、日本の企業も今まで以上にイスラエルの企業と連携して事業を行っていく時代が来ていると思います。